スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンマルクでランチ。

今日は、お友達とサンマルクでランチをしてきました
うちから車で少し行ったところにあるんですが、12時に行ったら、もう人がいっぱい
主婦の人がすごく多かったです。
禁煙席希望だったので、少し待ちました。
サンマルクって焼きたてのパンがたくさん出てくるから楽しいんですよね
でも、あんまり食べすぎないようにしようと思ったけど、けっこうパンをいただいちゃいました
結局、4時間もおしゃべりしてしまいました

そして、この友達ですが、幼なじみなんです。
今年の5月に旦那さんの転勤で、偶然にも近くの社宅に引越してきたんです
こっちに引っ越すと聞いた時は、本当にうれしかった。
この友達は結婚3年目ですが、子供はいなくて、旦那さんと2人暮らしです。
だから、最初、妊娠の報告をする時、とまどいました
もしかしたら、子供がほしくても出来ないのかなぁとか、友達の妊娠を聞いて焦りを感じたりショックを受けたりするかなぁとか。。。
今まで、そういう子供がほしいと言う話はお互いしたことがなかったので・・・。
私自身、結婚3年目ですごくすごく辛くて引きこもりのようになっていたし、手術やIVFをはじめたのも3年目なので、ずっと考えてしまいました。
前回会った時も妊娠の報告をした時も、特に普通だったんですが、旦那は「絶対に気にしてるんじゃないか?」「あんまりりかりんには会いたくないのかもしれないよ」「そっとしておいてあげた方がいいのかも」と言うので、それ以来メールを控えました。
でも、最近彼女から、「ランチ行かない?」と言う誘いがあったので、今日会ってきたんです。

そして今日思ったのは、彼女は旦那さんとの今の生活をすごく楽しんでいて、子供がほしくてしょうがないというかんじではないんです。
今の社宅から会社まですごく遠くて、最近引越しを考えてるらしく、そして新しい新居に落ち着いたら子供でもほしいねって夫婦で話してるらしい。
それに周りの親類などからはいっさい「子供はまだ?」って聞かれないらしく、全然焦っている様子はありませんでした。
私はあんまり妊娠の話とか今の体の様子とかは、自分から話さないようにしてましたが、彼女の方から普通に聞いてくると言うかんじでした。
私も旦那も自分たちが不妊ですごく苦しんだので、自分たちを基準にどうしても考えてしまうんですよね。
私なんて、妊娠した友達や子供のいる友達にはいっさい会えずにいたので・・・。
私も彼女のように、もっと旦那さんとの2人の生活を楽しく過ごせればよかったなぁと思います。
そして彼女は「赤ちゃんが生まれたら、見に行かせてね」とも言ってくれました
彼女の様子を見て、なんだかほっとしちゃいました。

夫婦の思いはその夫婦にしか分からないけど、みんながみんな子供がほしくてほしくて苦しんでいるわけではないんだと思います。
でも、やっぱり私は子供のいない友達に、なかなか自分の妊娠を打ち明けることが出来ません。
私の言葉やメールで、その人が辛い思いをするんじゃないか?とか考えてしまって。
誰かが私の言動で涙を流すのかなと考えると辛くて・・・。

不妊という経験をしたら、いろんなこと考えてしまって、反対に考えすぎなのかなぁとも今日思ってしまいました
でも、辛い思いをしている人はたくさんいると思うので、絶対に不妊の辛さを忘れずにこれからも行動していきたいと思っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りかりん

Author:りかりん
現在、子育てをがんばってます。
名前はりかりん。
趣味はお菓子やパン作りです。(妊娠後は全く作っていませんが)
家族がいつも笑っている楽しい家庭をつくっていきたいなぁといつも思っています。
たくさんの幸せをここに書いていきたいです。
よろしくお願いします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。